株式会社島津興業コーポレートシンボル 株式会社島津興業 SHIMADZU CORPORATION

伝統工芸 伝統工芸        ■ 島津グループの事業
会 社 概 要 | 沿     革 | グループ 情報 | 島津ヘリテージ | リ  ン  ク

 【逸品たちに、永遠の生命を刻む。】 トップへ戻る
六角透かし彫香炉(磯お庭焼)
▲六角透かし彫香炉
薩摩切子のカット
▲薩摩切子のカット

 雄大な桜島を望む鹿児島・磯地区。かつて集成館事業の中心地となったその一角に「磯工芸館」はあります。ここは、いわば島津グループの情報発信基地。館内には鹿児島の歴史と今をテーマとする講演会の案内パンフレットや、磯地区にまつわるオリジナル商品、ネクタイなどのミュージアムグッズにまじって、美しい工芸品が並んでいます。薩摩切子や薩摩焼の逸品たちです。

 薩摩切子は19世紀半ばに27代斉興によって医薬品のガラス器として製造されたことが始まりです。薩摩藩は日本画などの芸術と並んで各種工芸品の振興にことのほか力を注ぎましたが、薩摩切子と薩摩焼は幕末の殖産興業の政策の中で特に重要な役割を果たし、当時海外でも大きな評判を呼びました。しかし薩摩切子は薩英戦争で工場が焼失して途絶え、長年、その復活がグループの大きなテーマになっていました。

 昭和60年には、念願実って薩摩切子の工場がついに完成、炉に日をともすことができました。もちろん、その精緻を極めた造型も、光を受けて輝く荘厳な質感も、磯お庭焼同様に単なる過去の復元ではなく、あくまで21世紀前夜の時代の息吹がいきいきと脈打つ「現代の芸術品」にほかなりません。

 こうした逸品たちは、磯地区にある工芸館、仙巌園内の桜華亭売店や切子館で展示・販売されているほか、全国で実施する物産展や展示会でも出会うことが出来ます。

伝統工芸関連リンク 島津グループの事業
薩摩ガラス工芸 | しまづ屋(薩摩切子) | しまづ屋(磯お庭焼) 観光・レジャー | 地域開発 | 伝統工芸 | 環境事業

Copyright (c)2005-2008 SHIMADZU LIMITED (Kagoshima) All Right Reserved.
これは(株)島津興業のページです。 本ページの全ての文章・画像の著作権は島津興業に帰属します。 よって、無断で転載・複製することを禁じます。