SHIMADZU GALLERY 磯工芸館
トップページへ磯工芸館への
アクセス 交通案内磯工芸館周辺の
ご案内磯工芸館への
お問い合わせ島津グループ
リンク
「和」の燦めきを魅せる光彩の妙
薩摩切子


鹿児島県伝統的工芸品   
SATSUMA KIRIKO    【 薩 摩 切 子 】


薩摩切子 酒器
 脚付杯 猪口 酒瓶「玉露」・「亀甲」2色被せ 薩摩切子
 片口酒器 C-201 瑠璃緑薩摩切子 ペンダント
 フラワー・金赤 格子・蒼


薩摩切子とは・・・

「切子」とはガラスにカット文様を刻み込んだガラスのことですが、薩摩切子は、透明度の高いクリスタルガラスに色ガラスを厚く(1〜3mm)被せ、細かなカット模様を施したものです。

古くは薩摩ビードロ薩摩の紅ガラスとも呼ばれて珍重され、その始まりは150年ほど前にさかのぼります。
第28代薩摩藩主 島津斉彬が近代産業を移入した集成館事業の一環として鹿児島の磯地区に硝子方が設けられ、本格的に薩摩切子の製造が始められました。
薩摩切子 脚付蓋物 藍
ぼかし例 薩摩切子 中皿 藍 拡大 研究の末できあがった美術工芸品    薩摩切子は源流をイギリス、ボヘミア、中国に求めながらも、日本風とも言える「ボカシ」を持った独特の美術品として世界のガラス工芸史上でも高く評価されました。
その緻密な細工と、クリスタルガラスでありながら暖かみのある印象、薩摩藩しか出せなかった紅色が一級の工芸品として注目され、酒器をはじめ銚釐や三段重ね、船形鉢など様々な切子が作られました。それらの斉彬自慢の逸品が諸大名に献上品として贈られています。 薩摩切子 銚釐 紫
薩摩切子 吹き場 現在は、鹿児島県の伝統的工芸品の指定を受け、紅・藍・緑・黄・金赤・島津紫の6色が、製作されています。その鮮やかな色ガラスを厚く被せることにより生まれた、「ボカシ」とよばれる美しいグラデーションが薩摩切子の最大の特徴です。
現代でも、器の成形からカット・研磨までその全てが手作り。手作りのぬくもりと、しだいに色彩を薄めていくボカシとが相まって、日本風とも言える「和」の雰囲気を醸し出しています。
また、深く鮮明な東洋的な色でありながらも透明度が高いため、光に透かしてみれば反対側の透過や光の反射により、全く違う姿を見せてくれます。
薩摩切子 制作風景





薩摩切子 カラーバリエーション 6色
※これらの色彩は、ディスプレイの性質上 実際の色と若干異なる場合があります
薩摩切子は復元色の金赤に、新たに2005年に発表された島津紫を加えて計6色の種類があります。


また、2001年には新しい技術を用いて、無色のガラスの上に異なる2色の色ガラスを重ねた新作、「2色被せ薩摩切子」を発表。
二色被せ 薩摩切子 カラーバリエーション
※これらの色彩は、ディスプレイの性質上 実際の色と若干異なる場合があります
二色被せ(にしょくぎせ)薩摩切子は瑠璃金瑠璃緑蒼黄緑3色のバリエーションがあり、その単色にはない色合いを魅せる3層に重ねた生地と新しいパターンのカッティングを組み合わせ、ぼかしを最大限に表現しています。



薩摩ガラス工芸 ガラス工房 かつて集成館の工場群のあった磯地区。
その同じ場所で、現在も薩摩切子は作られ続けています。

 薩摩切子 製造元
   薩摩ガラス工芸 ホームページへ

薩摩ガラス工芸
ホームページ
.▲ページ先頭へ


 
 
薩摩の伝統と
匠の技のギャラリー
 磯工芸館

尚古集成館
ミュージアムショップ
 ストーンホーム

鹿児島県伝統工芸品
磯工芸館
〒892-0871
鹿児島市吉野町9688-24

TEL 099-247-8490

お問い合せは磯工芸館へ
 
 
Copyright(C) SHIMADZU LIMITED All rights reserved.