会 社 概 要 | 沿     革 | グループ 情報 | 島津ヘリテージ | リ  ン  ク
English


島津家と集成館事業




薩摩藩は長い海岸線を有していただけに、早くから渡来船が訪れていました。
そのため、薩摩藩は諸国の動きに敏感であり、また、琉球を通して常に情報を収集していました。
28代島津斉彬は、わが国が植民地の危機にさらされていることを深刻な問題ととらえ、藩主に就任するや豊富な情報と洋学知識を駆使し、開明的な視野で政策を断行しました。
それは、富国強兵・殖産興業であり、その一環として鹿児島の磯の地には「集成館」と名付けられた近代的洋式工場群が設置されたのです。



集成館事業イメージ




前へ / 目次へ / 次へ


島津グループの事業たち
観光・レジャー | 地域開発 | 伝統工芸 | 環境事業

Copyright (c)2005-2008 SHIMADZU LIMITED (Kagoshima) All Right Reserved.
これは(株)島津興業のページです。 本ページの全ての文章・画像の著作権は島津興業に帰属します。 よって、無断で転載・複製することを禁じます。