株式会社島津興業コーポレートシンボル 株式会社島津興業 SHIMADZU CORPORATION

 沿 革        
会 社 概 要 | 沿     革 | グループ 情報 | 島津ヘリテージ | リ  ン  ク

 ■ 集成館事業と島津グループの歩み トップページへ

1851(嘉永4年): 藩主島津斉彬は、殖産興業・富国強兵の政策を採り、場内に精錬所を設け反射炉雛形を建てる。
1854(安政元年): 鹿児島城下磯の造船所で日本初の洋式帆船いろは丸竣工。同年桜島において日本初の洋式軍艦昇平丸を建造、のち幕府に献上する。磯に日本初の溶鉱炉を設ける。
1856(安政3年): 磯に反射炉完成。
1857(安政4年): 磯の別邸内にガス灯つく。磯の工場群を「集成館」と命名。集成館には他にガラス製造所・陶器製造所なども設置された。
1863(文久3年): 生麦事件を契機に薩英戦争が起こり集成館は焼失する。斉彬の後を継いだ藩主島津忠義、ただちに集成館の再建に着手。
1865(慶応元年): イギリスに留学生を派遣し、五代友厚らには紡績機械の購入並びに技師の招へいを命ずる。
1867(慶応3年): 日本初の洋式機械紡績工場が磯で操業を開始する。
1868(明治元年): 芹ヶ野金山島津家の家業となる。
1869(明治4年): 集成館官有となる。
1874(明治7年): 官庁所有となっていた山ヶ野鉱山を借区して鉱主となる。
1889(明治22年): 集成館が再び島津家の所有となる。
1892(明治25年): 鉱業条例が施行され島津家が鉱業権者となって採掘権を得る。
1896(明治29年): 内之浦の平木場・姫門山林を購入する。
1898(明治31年): 上伊集院の春山山林を購入する。北海道富良野原野・馬追原野を開拓する。
1900(明治33年): 集成館、島津鉄工所として操業を開始。
1902(明治35年): 磯島津家集成館と改称して諸機械を製造する。重富の尾崎山林を購入、同38年には重富村より45町歩を追加購入する。
1906(明治39年): 吉田村重富村所在の吉野山林を購入する。
1908(明治41年): 山ヶ野鉱業館新築落成。原動力を電気に切り替える。
1909(明治42年): 心岳寺山林を購入する。
1915(大正4年): 集成館を閉鎖する。
1922(大正11年): 薩摩興業(株)設立。業種は鉱業、土地、山林、発電所の経営及びその付帯事業。
1923(大正12年): 集成館工場のうち、残されていた機械工場の建物を博物館に改築し「尚古集成館」が開館する。
1925(大正14年): 資本金300万円に増資。
1951(昭和26年): 業種に不動産売買業、製陶業を加える。薩摩興業(株)を(株)島津興業に社名変更、業種に土木建築業を加える。
1957(昭和32年): 島津産業(株)設立
1962(昭和37年): 島津観光(株)設立 
1963(昭和38年): 島津運輸(株)設立 
1967(昭和42年): 島津石油(株)設立 
1969(昭和44年): 新九州建設(株)を島津土木工業(株)に社名変更 
1974(昭和49年): 磯庭園レストランオープン
1975(昭和50年): 島津斉彬の銀板写真、宝蔵庫から発見。
1978(昭和53年): 島津ゴルフ倶楽部オープン。
1981(昭和56年): 日本緑地建設(株)設立 
1983(昭和58年): 薩摩陶苑(株)設立 
1985(昭和60年): 薩摩ガラス工芸(株)設立 ・ 南九州ガス(株)設立 
1987(昭和62年): (有)島津興産設立 
1990(平成2年): (株)島津運輸を島津交通(株)に社名変更。島津グリーンランド(株)設立 (有)島津興産を(有)島津商事に社名変更。
1991(平成3年): 島津土木工業(株)を(株)島津建設に社名変更。
1993(平成5年): (株)島津興業、島津観光(株)、島津石油(株)、日本緑地建設(株)、島津グリーンランド(株)の5社が合併、(株)島津興業となる。
1994(平成6年): 島津グループの理念・経営理念・行動指針を発表。薩摩陶苑(株)を島津陶苑(株)に社名変更。
1995(平成7年): 島津グループコーポレートシンボルマークを一新する(仏カレノアール社)。
1997(平成9年): 「磯庭園」の呼び方を国指定名勝の正式名称である「仙巌園」に統一。仙巌園リニューアル工事完了する。
2000(平成12年): 島津ゴルフ倶楽部ベント・ワングリーン造成工事完了する。
2001(平成13年): 島津陶苑(株)を(有)磯お庭焼に社名変更
2001(平成13年): (株)島津建設ISO9001:2000取得
2002(平成14年): (株)島津商事 野天風呂薩摩いろはの湯オープン
2003(平成15年): (有)島津商事を(株)島津商事に組織変更
2003(平成15年): 南九州クリーンエネルギー(株)設立
2005(平成17年): 尚古集成館本館をリニューアル
2008(平成20年): グループ会社の再編により、薩摩ガラス工芸・島津商事・磯お庭焼が島津興業に、南九州ガスが島津交通に統合。
2009(平成21年): マッシーゴルフ場を「島津ゴルフ倶楽部 白銀坂ショートコース」へ名称変更。


島津グループの事業たち
観光・レジャー | 地域開発 | 伝統工芸 | 環境事業

Copyright (c)2005-2008 SHIMADZU LIMITED (Kagoshima) All Right Reserved.
これは(株)島津興業のページです。 本ページの全ての文章・画像の著作権は島津興業に帰属します。 よって、無断で転載・複製することを禁じます。